本文へスキップ

鳥羽の歴史文化を次世代につなぐ kadoya hozonkai


会員募集! 詳細はこちら

かどや保存会のホームページへようこそ!
 江戸時代後期から大庄屋として鳥羽城にも部屋が与えられていたという「廣野家」は、屋号を「かどや」といい、大正時代まで薬屋を営んでおりました。平成18年に登録有形文化財に指定され平成23年から改修工事が行われ、江戸時代のたたずまいが復元されました。
 平成24年に設立されたかどや保存会は、「かどや」の文化財としての保存・継承とともに、鳥羽で培われてきた伝統や文化を未来につなぐ情報交流の場として活用するため活動しております。


お知らせ
topic


2016年5月08日 とば絵手紙同好会作品展 6月1日(水)〜6月30日(木) 
        鳥羽で10年以上絵手紙を楽しんでいる同好会の皆さんの作品展です。
        草花や野菜等に加えて。鳥羽百景を描いた絵手紙もあります。

2016年5月08日 第39回かどや昼下がりコンサート 6月5日(日) 13:30〜15:00 
        「長尾オルガン クラシックコンサートU」
        
60年以上教会のオルガニストとしてオルガンを弾き続けてこられた大森幹子さんが
         生み出す明治の名器・長尾オルガンののびやかな音色をお楽しみください。
         昨年3月に演奏いただき大好評を受けての再演です。お聴き逃しなく!
         演奏:大森幹子さん

2016年5月25日 「小唄教室」 6月2日(木)&16日(木) 13:30〜15:00 月謝3000円
         師匠:土筆栄紀衛さん  詳細はかどやへお問い合わせください。

2016年5月25日 第13回ときめき川柳講座 6月8日(水)13:30〜15:30 
         講師:斎藤たみ子さん  あなたも川柳に挑戦してみませんか?
         6月のお題:「七夕」と「染める」または「染まる」
         新規参加希望の方は、かどやに連絡を

2016年5月25日 第31回かどや塾「鳥羽偉人伝:荒井十内」6月12日(日)13:30〜15:00
         江戸時代に「志摩国に過ぎたるもの三つあり」と謳われた一人、柔術の達人として
         全国にその名を轟かせた鳥羽藩士・荒井十内についてお話しいただきます。
         講師:村林正美さん(鳥羽商船学校元教官)、江崎満さん(郷土史家)

2016年5月25日 簡単茶道教室 6月15日(水) 13:30〜15:30  参加費500円 
         裏千家の千草宗石先生が家庭でも楽しめる簡単で基本的な作法を伝授してくれます。
         申込:6月13日(月)までにかどやに連絡を

2016年5月25日 かどや調理倶楽部 6月17日(金) 13:30〜15:30  参加費500円 
        「きよばあちゃんと芋ようかんを作ろう!」
         きよばあちゃん得意の芋ようかんと、初夏にふさわしいスイーツを作ります。
         申込:6月15日(水)までにかどやに連絡を

2016年5月25日 錦町婦人会生花展 6月22日(水)〜23日(木) 22日は20時まで入館可能 
         今年も赤崎祭には錦町婦人会の皆さんの華やかな生け花をお楽しみください。
         
2016年5月25日 第32回かどや塾「坂手島に魅せられて」 6月25日(土) 13:30〜15:00
         鳥羽の離島・坂手島に注目が集まっています。小説家・江戸川乱歩と坂手島出身の妻
         隆との恋物語を通して坂手の活性化を目指す市民グループ「恋する鳥羽の会」が3月に
         設立されたからです。鳥羽が大好きというトモ君こと小久保さんも坂手島の魅力に目
         覚め、同島出身の画家・嶋谷自然にもハマってしまったそうです。そんなトモ君が、
         坂手の現状と課題を分析したうえで、若い感性で気づいた島の魅力を語ってくれます。

          ■お知らせやイベント詳細はスタッフのブログをご覧ください。

                                    過去のお知らせはこちら

実施報告ews


                                  過去の実施報告はこちら